2008年04月11日

風のデュエット



1982年のレコーディング作品です。
WIND OF MIND
風のデュエット


君は僕の腕にすがり
悲しいほど怯えている
まるで最後の愛の炎が
まるで今は堕ちたように

君と見た白い家が
今はもう白くは見えない


言葉なんか必要ないと
一晩中愛し合っても
まるで糸の切れた人形が
まるで風に揺れるように

君とデュエット
愛のデュエット
そんな夢今は届かない


君とデュエット
愛のデュエット
愛のない今はリミット

※※
君とデュエット
風とデュエット
愛のない風のデュエット

※ref
※※ref
posted by kohji at 21:23| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | HARMONY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
就寝前、恒例のKohjiさん宅訪問〜^^

綺麗なスリーフィンガーですね〜^^
上手い!そして音がいい!!

んん?このトントコトンって音色なに?
馬の蹄?・・・なわけないかっ!^^;

Kohjiさんの書く歌詞って本当に
意外なものばかりで驚きです^^
すっごく幅が広いっすね!

「言葉なんか必要ないと
 一晩中愛し合っても 」
このフレーズめっちゃ照れるぅ〜^^;

切ないけどちょっと官能的なところが
大人のサウンドですね♪
刺激強すぎて眠れないかも〜^^

でも、おやすみなさい・・・
(寝るんじゃん!^^;)
Posted by kaoruちん at 2010年02月26日 00:22
は〜い、Kaoruちん、おまた〜^^

これは1982年大学卒業した頃に書いた曲ですね〜ヽ(^ω^*)ゞテレマスナ
この頃はラブラブだったのですが、なぜか別れの詞とメロディが浮かんで、結構短時間で出来上がったと思います。

こ、この音に気付いたか〜さすが師匠。。。(^^;)
実は馬に乗ってるんでち〜ヽ(`△´;)/トントコトン\(^-ω-^)パシ!
なんか、ストロークの時にギターにぶつかっちゃうみたいなんですよね〜(^^;)

たまに大人の歌詞も潜ませておりますので、探してみてね〜HnaKaorutin(^m^)
Posted by Kohji at 2010年02月26日 22:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。