2008年08月10日

海にあこがれて


1983年の作品。
東京での生活の中で、故郷の海と昔の恋を思い出したのかもしれません。小曲ながら切ないメロディが気に入っている曲です。
録音は2005年です。

海にあこがれて

幼い頃から育った町は
小さな海の見える町

いつかあなたと出会って
いつかあなたと歩いた
そんな素敵な町

悲しい時にはあなたを誘って
どこまでも歩いた

海が好きだよと
君が好きだよと
波の声がする
秋の海


大きくなっても育った町は
変わらない海の見える町

都会のざわめきの中で
忘れてしまいそうなこと
突然、思い出したよ


海にあこがれて
海を追いかけて
どこまでも歩こう

人の海の中
かき消されてゆく
僕の声が
悲しくて

※ ref
posted by kohji at 00:00| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2nd Stage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「悲しい時にはあなたを誘って
 どこまでも歩いた」
ってフレーズいいですね!

私は故郷を離れたことがないので、あまり
懐かしむって気持ちは分かりませんが、
思い出が一杯詰まった場所が離れた所に
あると、何かの拍子にふと思い出されるん
でしょうね。

あ〜でも、私にも昔の恋ってやつは山ほど
ありますね〜^^(見栄張るな!^^;)

みんな今頃どこで何をしてるんでしょうか?
もうkaoruちん^^のことなんて忘れてるん
でしょうねぇ〜^^
何たって存在感のない大人しい子だったし!
(うっそぴょ〜ん^^)

っていうか、私いつもまともに曲のコメント
してないっすね〜!ごめんちゃい^^;
でも、懲りずにまた来るのだ^^

にゃは♪

Posted by kaoruちん^^ at 2010年04月25日 22:45
いあ〜こっちにもありがとうでち!!!^^;

そうですか〜Kaoruちんは箱入り娘なんですね〜〜〜^^;
自分は学生時代から札幌に住んだりして、第二の故郷はたくさんあります〜(^^;)
札幌も山形も大好きな故郷ですね〜(^-ω-^)

あ、そちらもしかしてお蕎麦王国ですよね!
自分は山形で蕎麦に目覚めて、今じゃ自分で年越し蕎麦を打つのが毎年の楽しみになっちゃいました〜(^0^)/

あ、曲と全然違うコメントになりましたが、お互い様でいいっすよね〜^^ゞ

これに懲りずにまたいつでも来てくださいね〜(^0^)/
Posted by 遅杉のコージくん^^ゞ at 2010年04月29日 14:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88286269
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。