2010年02月22日

Mittens



1978年の作品、録音は1981年札幌です。

Mittens

木の葉が赤い紅つけて
毛糸の厚いセーターが
僕に催促し始めた
もうすぐ白い雪ん子が
窓から透けて見える時期(ころ)

今年も使ってしまいそう
君のことを忘れたいのに


木の葉が風にさらわれて
淡い暖炉の残り火が
僕をやさしくつつむ夜
もう、白い白い光が
暗い今夜を照らす頃

やっぱり大事にしていくよ
君の手編みの思い出を

by Kohji 1978
posted by kohji at 21:44| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Mellown | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。