2009年06月18日

季節風


この曲は1981年6月教育実習で函館に戻っていた時に書いた曲です。
録音は1982年です。

季節風

季節の終わりを告げる風が
君の香りを運んできた
もう子供でない君と
まだ大人でない君が
僕のことを忘れかけてる
今君は空を飛ぶことを覚えて
やさし過ぎるぐらいきれいな
青空の中に溶けてゆく


季節の色や風の色が
あの頃僕にはわからなかった
もう僕でない僕と
もう君でない君が
もとの二人に戻れないように
今僕は君という愛から離れ
君と違う生活の中で
風の色にはじめて気が付いた

by Kohji 1981
posted by kohji at 20:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Memorandum】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。