2009年07月31日

午後の海


1977年の作品、録音は1979年函館です。

午後の海

白い波が輝く砂に
寄せては返る夏の午後

海を見つめる君の瞳は
見たことないほど澄んでいる

遠くに行くほど銀色に
輝く波になりたいぜ

そろそろこっちを向いておくれよ


沈む夕陽がきらめく海を
紅く染めてく夏の午後

「ほんとにきれい」つぶやく君は
僕がちょっと見ない間に

少し大人になったよう
このまま二人でいたいけど

そろそろ家まで送ってかなきゃ

By Kohji 1977
posted by kohji at 20:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 信愛 KohjiV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117928139
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。