2009年04月28日

もう私は恋をしません



もう私は恋をしません

私が近づこうとすればするほど
何故に貴方は遠ざかるのですか
私が貴方を知ったというだけで
何故に失わなければいけないの
私はもっと自然になりたかった
川を流れる水のように自由に
なのに私は貴方を恋してしまったのです


私はもっと気ままでいたかった
私はもっと自由でいたかった
でも初めて貴方を知ったその時
私の心は大きく揺れたの
そして私は自然になりきれなかった
だから風に揺れる月見草のように
なされるがまま私は、もう私は恋をしません

by Kohji 1977
posted by kohji at 20:50| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 信愛 KohjiV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こりゃまた若いっすね〜!1977?
あの写真の頃か?ん?

当時のフォークソングまんまって感じの
詞とメロがいいっすね〜♪

そうそうもう恋しちゃいけないっすよ〜^^
(意味わからん^^;)

あ〜ここはリハビリに丁度いい場所っすね!
(どんな活用の仕方やねん^^;)

Posted by バニー^^ at 2011年06月19日 07:45
おは〜^^V二回目

そうですね〜古い曲です。^^;
あの写真?体育館で歌ってるやつ?
あれは1,2年あとですね。。。きっと。

歌詞に対してメロが浮かび、ギターをあとからつけました。
メロが早いので弾き方に苦労した曲です〜^^;
当時の曲でこのリズムは珍しいかも。。。

あ、どうぞリハビリに使ってください〜^^
ありがとう〜!!!^^
Posted by コージくん^^ at 2011年06月20日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117881033
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。