2008年10月11日

雨の街角


1982年のアルバム?【Memorandum】から「雨の街角」をどうぞ。

雨の街角

君と歩く雨の街角
二人肩を寄せて見つめ合う

君はわずかに微笑んで
僕の腕にしがみつく

ずっとこのまま時よ止まれと
君のほのかな髪の香りに

僕は酔いしれ 冷たい雨の
煙の中に立ち止まる


君の傘は少し小さくて
僕の肩を雨が叩いてく

君は震える瞳で
僕の横顔を見つめる

悲しむことは何もないのに
苦しむことは何もないのに

遠い明日は今の二人に
寂しさだけを募らせる

愛はいつでも不安なものさ
雨がいつでも冷たいように

君とこのまま雨が止むまで
歩いていたい街角

1982 By Kohji
posted by kohji at 09:55| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 【Memorandum】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔は切ない曲が多かったんすね〜♪
沢山恋をしてた頃かにゃ?!^^

コージくんなら歌だけで彼女出来そうっすね!
人物はよく分かりませんが・・・^^
(ん?そこが問題?!^^;)

雨って歌のテーマには欠かせないですね。

Posted by kaoru^^ at 2010年05月03日 07:04
この曲、実話を基にしております〜^^;;;
ちょうど1982年の5月の連休、ちょうど今頃だ〜^^;;;天気悪くてさあ〜(TT)
前に言った30年来引きずっている詞ってのも、これと似たような感情かな〜^^;
あ、相手はおなじっすよ。^^;アタリマエカ
うまく表現できなくていまだに悩んでいます〜(〜。。〜)

え〜と、歌は武器にしてないっすよ〜恋愛には^^;
彼女になってからはいっぱい聞かせたけど。^^ゞ
この曲もその中の一曲でした。(*^^*)ウキャ

大事なのはハートよハート!(^-ω-^;)/サイシュウテキニハ
Posted by 恋多きコージくん^^; at 2010年05月03日 08:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107909330
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。